楽しいドローンセール祭り~史上最安RC商品!62%OFF


~ドローンセール祭り~史上最安RC商品!【TOMTOP】


今ドローン市場は、非常に盛り上がっており、通販サイトでは、

どこもたくさんの種類のドローンが販売されています。

AR DroneやPhantomといった誰もが知っている

ドローン以外にも1万円以下で空撮もできる安価なモデルから、

プロ仕様の数十万円を超えるものまで選択肢は豊富です。

楽しいドローンセール祭り~史上最安RC商品!62%OFF

趣味でドローンを楽しむ人の中には、

何種類も所有してそれぞれ用途に合わせた

使い方をしている人も少なくありませんし、

入門機として安いものを購入し、技術を磨きながら徐々に

高級機を購入するのもよいでしょう。

でも、ドローンって誰でも使えるんでしょうか?

航空法のルールを守れば、誰でも飛行できる

※違法エリアや違法条件で飛行させる場合には、

国土交通省から許可・承認を得る必要があります。

ただし、ハードルは高く、業務で使用する人が主に許可・承認を得ます。

航空法で規制されているエリアや条件

空法で規制されているのは、以下の項目です。
•人口集中地区での飛行はNG
•高度150m以上の飛行はNG
•人・建物の30m以内の飛行はNG
•夜間の飛行はNG
•目視外の飛行はNG
•イベントや催しでの飛行はNG
•国の重要機関や空港近辺の飛行はNG などなど

特に大きな規制になっているのが、人口集中地区です。

都市圏はほとんどが飛行すると違法行為に当たります。

さらに、人口集中地区ではなくても、「人・物に30m」の規制もあります。
電信柱や電線も対象になっているため、

ほぼ全国に規制があると思っても間違いありません。

航空法で規制対象の200g以上のドローンでも、ルールを守れば飛行できる

200g未満のドローン

一般的にトイドローンと言われているドローン、

値段で言うと1万円前後で購入できるドローンは、航空法の対象になっていません。

つまり、法律で縛りのないドローンと言えます。

200g以上のドローン

よくテレビなどで見かける空撮用のドローンです。

この重量のあるドローンは日本の航空法の対象になっています。
•ドローンを飛行させると違法になるエリア
•目視外が夜間、イベントなどで飛行すると違法
•人や物と30m以上離さないと違法

などなどの飛行条件が入っています。これを守らないと、

違法として50万円以下の罰金になります。

逆を言えば、航空法を守っていれば、

規制対象のドローンでも誰でも飛行することができます。
また、海岸や山、湖、沼など自然なら規制がないと言っていいでしょう。

ドローンでなければ撮影できない風景、人はそんなワンショットに心惹かれますね。

そんなドローンが自由に操れる人ってカッコいい。

【DJI – Phantom 4 紹介映像】

高級機なら

世界シェアNO1のDJI社ドローン DORONE START PHANTOM 4 PRO(ファントム4 プロ)
*販売 日本の正規代理店 有限会社テンヴィクトリーズ

格安ドローン商品なら【TOMTOP】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする